葬儀業界の将来

葬儀業界は、一般的に1兆円市場とも返礼品や振る舞い料理などを含めれば2兆円市場とも言われています。葬儀業界は、死亡者数のピークは2038年〜2040年頃がピークとされ、ピーク後の2055年でも2016年の死亡者数よりも20万人以上多いと予測されている事から、大手流通企業や生活協同組合、鉄道会社などの異業種からの参入で激しい過当競争が生じると考えられています。しかし、死亡者数の増加に反して市場規模の拡大は望めず横這いもしくは縮小が懸念されています。葬儀業界は、家族葬などの葬儀規模の縮小に留まらず、葬儀自体を行わない直葬や0葬の増加に加え、国民の仏教離れや異業種からの参画による価格競争が更に市場規模の縮小に拍車をかけるとされています。その為、医療機関との蜜月の関係を強化する既存の業者は、医療機関への見返りを強化する事が容易に推測出来るので医療機関の紹介する業者は更に相場よりも割高になるリスクが高くなります。